必要十分な暮らし

コンパクトなお家に暮らす主婦の雑記ブログ

【GO TO Eat】テイクアウトだけでも継続を希望

おはようございます。

世間は3連休ですね。

 

GO TO Travel やGO TO Eat で観光地や交通機関はすごくにぎわっているようです。

コロナ拡大中だけどだいぶ前に旅行予約した人とかはキャンセル料のことを考えて強行したという人も多いんでしょうね。

 

経済をまわすこととコロナ感染の拡大は表裏一体なので難しいところですよね。

飲食店や観光産業の仕事をされているかたはこの3連休は書き入れ時でしょうし。

悩ましいですね。

 

 

今日はGO TO Eatについて私の思うことをちょっと話そうかな。

 

f:id:aquarelax:20201122082115p:plain


総理が GO TO Eat の見直しを発表しましたね。

www3.nhk.or.jp

 

 

ネット予約での GO TO Eat は全く利用しなかった(難しそうでできなかった)我が家ですが、地元が発行した紙の GO TO Eat のチケットは購入しました。

 

第一弾の販売では購入部数の制限があったのですが、よほど売れ行きが悪かったのか、再発売されまして私も追加で買いました。

 

 GO TO Eatというだけあって外食でしか使えないかと思いきや、テイクアウトでも使えるお店があることがわかってからは専らテイクアウトで利用しています。

 

うちの子供たちは外食があんまり好きじゃないんですよね。

休みの日にわざわざ出かけるのが億劫なのかな。

 

私も毎日毎日自分の作ったご飯を食べていると飽きちゃうし、勤務が続くと疲れもたまってくるし、テイクアウトでお弁当やおかずを買ってくるとそれだけでだいぶ楽ができます。

 

 

栄養のことだけを考えたら自分だけなら毎日鍋でもいいんですけど、家族がいるとそれなりにバリエーションも求められるのでご飯づくりも結構つらいです。

 

そんな時に中食できるお店は助かる存在。 

テイクアウトで利用することを伝えて

『テイクアウトでもこの券使えますか?』とGO TO Eatのチケットを見せて聞くと

今のところどこのお店でも『はい。使えます。』といわれるのでそういうところではありがたく使わせてもらっています。

 

私がよく行くお店では今のところテイクアウトもOKのところばかりでした。

テイクアウトでも利用可かどうかはそのお店の判断に任されてる部分もあり使えないところもあるかもしれないので初回は念のため確認しています。

 

ダメならダメで諦めるんですけど、チケットも有効期限があるので、使えるお店だとリピートしようかなって思いますよね。

 

私は今のところGO TO Eatをすべてテイクアウトにしか使ってないので、このまま事業を継続してほしいというのが本音です。

 

外食で唯一行こうと思っているのは地元のお寿司屋さん。

お気に入りのお寿司屋さんはカウンターはかなり席を離しているし、テーブル席はもともと間隔が広いし、後ろのお客さんとの背もたれも高いので安全だと思っています。

 

もともとは回転ずしなんですが今は注文だけで、お寿司は回転していないんです。

ガリやお醤油も毎回お客さんごとに中身を完全に入れ替えてるようでした。

かなり感染対策に気を使っていることがよくわかったのでここは今後も利用したいところです。

 

 

 

昨日は仕事帰りにイオンのフードコートのお店で中華をテイクアウトしてきたんですが、やっぱり以前から見るとフードコート全体がかなり空いています。

これでGO TO Eatも中止したら、また閑古鳥が鳴くんじゃないかと心配になります。

 

なのでテイクアウトのみ使えるとかでもいいからGO TO Eatは継続してほしいなぁと思いますね。

 

一主婦の願いでした。

お読みいただきありがとうございます。

それでは。

 

 ランキングに参加しています。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

 

 

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.netもしもアフィリエイト  )を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるチェスキーが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。